魚の骨が自然に取れるようにすべきことは?放置は危険!知恵袋まとめ

魚の骨が自然に取れるようにすべきことは?放置は危険!知恵袋まとめ

魚の骨を取り除く適切な方法を知らずに放置すると、喉の粘膜が傷つき、感染症や炎症を引き起こすリスクが高まります。特に、骨が扁桃腺に刺さると、扁桃腺炎や深部組織感染といった深刻な状況に至る可能性があります。

これらの合併症は、呼吸困難や慢性的な喉の痛みといった、日常生活に大きな支障をもたらすことがあります。そのため、魚の骨が喉に刺さった際は、迅速かつ適切な対処を行い、必要に応じて医療機関を受診することが、健康を守る上で非常に重要です。

目次

魚の骨が自然に取れるまでにすべきこと

唾液を利用して骨を流し込む

魚の骨が喉に刺さった時、慌てずにまずは落ち着いてください。自然な方法として、唾液を多めに生成し、ゆっくりと飲み込むことで、骨が食道に流れることがあります。この方法は、骨が浅い位置にある場合に特に効果的です。しかし、無理に飲み込むと状況を悪化させる可能性があるため、痛みを感じる場合はすぐに次のステップに移りましょう。

うがいをして取り除く

骨が動かない場合は、水を少量飲むことで喉を洗浄し、骨を流し込む試みをすることができます。冷たい水よりも常温の水を使用すると、喉が緊張せずに済みます。ただし、この方法も無理に行うと骨がさらに奥に刺さる恐れがあるため、慎重に行ってください。

24時間経過しても改善が見られない場合は速やかに医療機関へ

自宅での対処法を試しても24時間経過しても骨が取れない、または痛みが続く場合は、すぐに医療機関を受診してください。放置すると感染症を引き起こすことがあり、より深刻な状況になる可能性があります。

放置することで起きるリスク

喉の感染症や炎症 刺さった骨が喉の粘膜を傷つけると、細菌が侵入しやすくなります。これにより、喉の感染症や炎症が発生する可能性があります。症状としては、喉の痛み、腫れ、発熱、飲み込みにくさなどが挙げられます。
扁桃腺の感染骨が扁桃腺に刺さると、扁桃腺炎を引き起こすことがあります。これは扁桃腺の周囲の組織が腫れ、痛みや発熱、呼吸困難を引き起こす可能性があります。
深部組織への感染拡大骨が長時間喉に残ると、感染が周囲の深部組織に拡がることがあります。これにより、喉の奥の組織が腫れ、呼吸困難を引き起こす深部組織感染(深頸部膿瘍)が発生するリスクがあります。
喉の損傷や出血骨が刺さったままの状態で、さらに喉に刺激を与えると、喉の粘膜が損傷し、出血を引き起こすことがあります。これは感染の入り口となり、さらに状況を悪化させる可能性があります。

医師の診察を受ける前には柔らかい食事を摂る

骨が刺さったままの状態で硬い食べ物や刺激物を摂取すると、喉を傷つける可能性があります。医師の診察を受けるまでの間、柔らかい食事やスープ、おかゆなどを選び、喉に負担をかけないようにしましょう。

魚の骨が喉に刺さった時にやってはいけないこと

無理にご飯を飲み込むこと

魚の骨が刺さった時に、ご飯を大量に飲み込んで骨を押し流そうとする方法は推奨されません。この行為は、骨をさらに奥に押し込んでしまう可能性があり、状況を悪化させることがあります。

自己判断でピンセット等を使用すること

自分でピンセットや他の道具を使って骨を取り除こうとするのは非常に危険です。専門的な知識や技術がないと、喉を傷つけたり、骨をさらに奥に押し込んでしまう可能性があります。このような行為は避け、専門家の診察を受けることが最善です。

魚の骨を喉に残したままにすること

魚の骨が刺さったことに気づいたら、できるだけ早く対処することが重要です。放置すると、感染症や他の合併症を引き起こすリスクがあります。自然に取れることを期待せず、適切な対応をとることが大切です。

骨が刺さりやすい部位と魚の種類

骨が刺さりやすい喉の部位

魚の骨が刺さりやすいのは、喉の奥、特に扁桃腺の周辺です。この部分は柔らかく、小さな骨でも容易に引っかかります。食事をする際は、特に注意が必要です。

骨が刺さりやすい魚の種類

骨が刺さりやすい魚の種類

特に小骨が多いとされる魚には、イワシ、サンマ、アジなどがあります。これらの魚を調理する際は、丁寧に骨を取り除くことが重要です。また、魚を食べる際は、少しずつ、慎重に噛むことが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツライター歴10年、あらゆるジャンルのなんで?を解決できるメディア運営をしています。

目次