鼻づまり(両方)で苦しい眠れない時の解決知恵袋7選!

鼻づまり(両方)で苦しい眠れない時の解決知恵袋7選!

鼻詰まりの対処には、湿度を適切に保ち、温かい飲み物を摂取することが効果的です。また、鼻うがいや適切なツボ押しが、鼻腔内の環境を整え、通気を良くするのに役立ちます。就寝前の環境整備、例えば枕の高さ調整や寝室の空気清浄も、鼻詰まりの緩和に重要です。

目次

鼻づまりの主な原因

鼻づまりは、多くの方が経験する不快な症状です。その主な原因は、鼻腔内の粘膜が何らかの刺激によって腫れ上がり、空気の通り道が狭くなることにあります。この刺激の源は、風邪やアレルギー反応、あるいは乾燥した空気など多岐にわたります。

特に、花粉症の季節には、花粉が鼻粘膜を刺激し、鼻づまりを引き起こすことが一般的です。また、夜間になると鼻づまりが悪化することが多いのは、横になることで鼻腔内の血流が増加し、粘膜が腫れやすくなるためです。

鼻づまり(両方)で苦しい眠れない時の対象方法7選

鼻づまりの緩和には、自宅で手軽に試せる方法がいくつかあります。まず、湿度を適切に保つことが重要です。乾燥した空気は鼻粘膜を刺激し、症状を悪化させるため、加湿器を使用するか、濡れタオルを室内に干すなどして湿度を保ちましょう。また、温かい飲み物を摂ることで、鼻腔内の血流が良くなり、粘膜の腫れが和らぐことがあります。さらに、鼻うがいも効果的です。専用の器具を使用して、ぬるま湯と食塩を混ぜた液体で鼻腔内を洗浄することで、刺激物質を洗い流し、鼻づまりを軽減できます。

血流を促進する

鼻づまりを解消するためには、いくつかの意外なコツがあります。例えば、強く鼻をかむのは逆効果です。鼻を強くかむと、鼻腔内の圧力が上がり、粘膜の腫れを悪化させる可能性があります。代わりに、一方の鼻孔を軽く押さえ、もう一方からゆっくりと息を吐き出す方法を試してみましょう。

また、日常生活での姿勢に注意を払い、長時間同じ姿勢でいることがないようにしましょう。特に、デスクワークなどで前かがみの姿勢が続くと、鼻づまりが悪化することがあります。軽い運動をすることで全身の血流が良くなり、鼻腔内の腫れが和らぐことがあります。ただし、運動は軽めにし、体を冷やさないように注意してください。

精油「ティーツリー」がおすすめ

「ティーツリー」の精油は、花粉症の症状緩和に効果的です。その抗菌作用と抗炎症作用により、鼻腔内の炎症を抑え、鼻づまりを軽減する助けとなります。使用方法は簡単で、数滴のティーツリーの精油をティッシュやハンカチに垂らし、それを嗅ぐだけです。また、就寝前に枕元に置いておくことで、夜間の鼻づまりを和らげる効果も期待できます。ただし、直接肌に塗布する場合は、刺激が強いため、必ず希釈してから使用しましょう。

「ミントティー」で睡眠の質を高める

「ミントティー」には、リラックス効果と共に、鼻づまりの緩和作用があります。ミントに含まれるメントールが、鼻腔内の粘膜を冷やし、腫れを抑える助けとなります。就寝前にミントティーを飲むことで、リラックスしながら鼻の通りを良くすることができます。また、ミントティーはカフェインフリーであるため、睡眠の質を損なう心配もありません。心地よい香りと共に、穏やかな夜を迎えることができるでしょう。

枕の高さを調整して鼻詰まりを改善

睡眠中の鼻づまりを軽減するためには、枕の高さを見直すことも有効です。適切な高さの枕は、頭と首の位置を自然な状態に保ち、鼻腔内の圧力を均等に分散させます。

これにより、鼻腔内の血流が改善され、鼻づまりが緩和されることが期待できます。ただし、枕が高すぎると首に負担がかかり、逆に低すぎると呼吸がしにくくなるため、自分の体に合った高さを見つけることが大切です。

寝室を喚起する

寝室の環境を整えることも、鼻づまりの予防につながります。特に、寝室内の空気の質は非常に重要です。花粉やホコリ、ペットの毛などのアレルゲンが空気中に浮遊していると、これらが鼻粘膜を刺激し、鼻づまりを引き起こす原因となります。

定期的に寝室を換気し、空気清浄機を使用することで、これらのアレルゲンを減らし、クリーンな空気環境を保つことができます。また、寝具は定期的に洗濯し、清潔に保つことも大切です。

鼻腔洗浄をする

鼻詰まりで寝苦しい時は鼻腔洗浄をして、腫れを抑え、余分な粘膜を洗い流すことで改善できることがあります。鼻腔洗浄をし過ぎると粘膜を気付けてしまう恐れがあるので適度に行うことが大切です。

「サイナスミスト ハイパートニック」

「サイナスミスト ハイパートニック」は、高張食塩水ミストを鼻腔に噴霧することで、鼻づまりを緩和する製品です。このミストは、鼻腔内の粘膜に直接作用し、腫れを抑え、余分な粘液を洗い流す助けとなります。

使用方法は簡単で、噴霧器を鼻に差し込み、軽くプッシュするだけです。日常的に使用することで、鼻づまりによる不快感を軽減し、快適な呼吸を取り戻すことができます。

「ハナクリーン ピストン式」

「ハナクリーン ピストン式」は、鼻洗浄を効果的に行うための器具です。この器具を使用することで、鼻腔内のアレルゲンや粘液、細菌などを効率的に洗い流すことができます。使用方法は、専用の洗浄液を器具に入れ、鼻に噴霧するだけです。

定期的な鼻洗浄は、鼻づまりの予防にもつながり、特に花粉症の季節には非常に有効です。清潔で健康的な鼻腔環境を保つために、日々のケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

鼻づまり改善できるツボを押す

鼻づまりを改善するツボはいくつも存在します。特に迎香(げいこう)と呼ばれるツボは、改善にとても効果的です。鼻づまり改善のツボは全部で5つあるので全て試してみるのも良いでしょう。

印堂(いんどう)

印堂は、眉間の少し上に位置するツボです。このツボを押すことで、鼻の通りが良くなるとされています。また、頭の疲れを取る効果もあるため、花粉症で集中力が落ちた時にも役立ちます。印堂を押す際は、眉間にあるツボを少し強めにじわじわと押し、しばらく続けると良いでしょう。

迎香(げいこう)

迎香(げいこう)

迎香は、鼻の両脇、鼻翼のすぐ横に位置するツボです。このツボを強めに押すことで、鼻の通りが良くなると言われています。迎香を押す際は、10秒間を1セットとして、鼻の通りが良くなるまで繰り返し押しましょう。

尺沢(しゃくたく)

尺沢は、肘を曲げた時にできるシワの内側、腱のすぐ外側にあるツボで、肺や鼻に関連しています。このツボを押すことで、鼻の通りが良くなると共に、免疫のバランスを整える効果が期待できます。尺沢を押す際は、痛気持ちいいくらいの強さで10秒間押し、これを5回繰り返すと良いでしょう。

合谷(ごうこく)

合谷は、手の甲で、親指と人差し指の骨が交差する部分に位置するツボです。呼吸器官全体を整える効果があり、迎香と併用することで、鼻づまりの解消に効果的です。合谷を押す際は、10秒間を1セットとして、5回ほど強めに押しましょう。

足三里(あしさんり)

足三里は、膝のお皿を同じ側の人差し指と親指で囲み、中指をまっすぐ伸ばしたところに位置するツボです。胃腸を労わる効果があり、身体全体の体力を上げることで、他のツボの効果を高めます。足三里を押す際は、10秒間を1セットとして、5回ほど押しましょう。

解決しない人はこちらも確認!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツライター歴10年、あらゆるジャンルのなんで?を解決できるメディア運営をしています。

目次