【知恵袋】スマホの見過ぎで気持ち悪い時の治し方と疲れ目対策

スマホ 見過ぎ 気持ち悪い治し方 知恵袋

スマートフォンの過度な使用は、目の疲れ、首や肩の痛み、睡眠障害など、多くの身体的不調を引き起こす原因となります。これらの症状は、スマートフォン症候群やVDT症候群(IT眼症)として知られ、現代社会で増加しています。

症状の軽減と予防のためには、デバイスの使用時間を制限し、定期的な休憩を取ることが重要です。また、適切な姿勢を保ち、目の健康を守るための習慣を身につけることが効果的です。

目を酷使する人は目薬を

スマホの見過ぎや仕事上でPCの使用など目を酷使する人は目薬をきちんとしていますか?目を酷使して乾燥してしまう人は1日3回〜6回の点眼をすることで疲れ目や疲労を軽減することに期待できます。

目薬習慣がないと目薬=病気の時というイメージを持たれますが、喉が渇いたら水を飲むように、目を酷使する人は目のケアを日頃から行うことで疲れ目やストレス対策につながります。

\ 刺激少なめでしっかり潤う /

目次

スマホを見過ぎて気持ち悪い時の治し方

スマートフォンの長時間使用は、目の疲れや頭痛、吐き気などの不調を引き起こすことがあります。このような症状を感じた時は、まずスマートフォンの使用を一時的に停止しましょう。部屋を暗くして目を休ませる、または遠くの景色を眺めて目の焦点を変えることが効果的です。水分を十分に取り、軽いストレッチを行うことも、体調回復に役立ちます。

スマホを見過ぎで考えられる病気

スマホを見過ぎることで、目の乾燥や目の疲れだけでなく、首や肩の痛み、睡眠障害、視力の低下などを引き起こすことがあります。これらに該当する症状は以下の2つがあります。

  • スマートフォン症候群
  • VDT症候群(IT眼症)

スマホの見過ぎで気持ち悪い「VDT症候群(IT眼症)」かも

VDT症候群(IT眼症)とは

VDT症候群、またはIT眼症は、コンピュータやスマートフォンなどのディスプレイを長時間見続けることによって引き起こされる目の症状のことを指します。目の乾燥、疲れ、視力の低下などが主な症状で、現代社会では非常に多くの人がこの症候群に悩まされています。

VDT症候群を治す方法

VDT症候群の治療には、まずは原因となるディスプレイの使用を控えることが基本です。定期的に休憩を取り、20-20-20のルール(20分ごとに20フィート(約6メートル)先を20秒間見る)を実践することが推奨されます。また、適切な照明の下での使用や、ブルーライトカット眼鏡の使用も効果的です。

VDT症候群の予防方法

VDT症候群を予防するためには、ディスプレイの使用習慣を見直すことが重要です。画面からの距離を適切に保ち、画面の明るさを調節すること、そして定期的な休憩を取ることが効果的です。また、目のストレッチや強化を促すエクササイズも、長期的な視力保護に役立ちます。

スマホの見過ぎで気持ち悪いのは「スマートフォン症候群」かも

スマートフォン症候群とは

スマートフォン症候群は、スマートフォンの過度な使用によって引き起こされる身体的な不調の総称です。首や肩の痛み、目の疲れ、視力障害などが代表的な症状であり、特に長時間の使用が原因で起こります。

スマートフォン症候群を治す方法

スマートフォン症候群の治療には、使用時間の制限が最も効果的です。また、スマートフォンを使用する際は、正しい姿勢を心がけ、目の健康のために画面の明るさを調整し、定期的に休憩を取ることが重要です。適切なストレッチや運動を取り入れることも、症状の軽減に役立ちます。

スマートフォン症候群の予防方法

スマートフォン症候群を予防するためには、日常生活でのスマートフォンの使用方法を見直すことが重要です。使用時間を意識的に制限し、定期的に休憩を取ること、正しい姿勢で使用することが基本となります。また、目の健康を守るために、ブルーライトを低減する設定やアプリの利用もおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンテンツライター歴10年、あらゆるジャンルのなんで?を解決できるメディア運営をしています。

目次