ジョーフィッシュ,ハゼ,カエルウオ,サンゴ,ハードコーラルが充実 愛知名古屋の海水魚専門店ラパス

ジョーフィッシュ




今回の海洋調査では ちょっと違ったタイプのジョーを見つけました

このジョー手乗りになるほどおとなしいジョーフィッシュでした

手乗りのジョーの動画は珍しいと思います



 

20179212.JPG20179213.JPG可愛いですね











20179214.JPG20179215.JPG20179216.JPG怒るとほっぺたがぷっくりします 

下唇が尖った感じになります















20179217.JPG20179218.JPG20179219.JPG横から見るとこんな感じ













201792110.JPG穴の外にいる様子です












201792111.JPG拡大してみると分かりますが ブーメランでした



考えられることは

ブーメランなのでオスである

巣が立派なのでオスの可能性が高い



今まではブーメランはオスで正解でしたが 最近入荷しブーメランジョーの様に

オスもメスもブーメランであるタイプもいることが分かった

(水槽内繁殖しているので間違いはありません)

このことから両方ともブーメランタイプのジョーである可能性がある



オス・メス両方ともがブーメランタイプの場合は今のところ まあまあ大きくなるタイプです

このことから 昔イナンビシで見た大きくなるジョーのヤングサイズとも考えられる

なぜそう思うかは 意外と逃げない・行動が似ている・巣が立派である



よく見ると糸満や瀬底島で見ているシルバーに似ている 

根拠は色・行動・立派な巣を作る・あまり逃げない

糸満・瀬底にいたシルバーはもう少し白っぽい または茶色っぽい

性別で色は違います また環境や状況によって色が変わります


性別を判断するには2匹がそばにいなくては分かりません


距離が約60cm以内の所に2匹いればオスメスの可能性は高いです

2
匹いた場合 巣の大きさやジョーの行動などで性別が分かります

両方ともオスの可能性はまずありません 喧嘩します

ただし子供(小さい)場合はなんとも言えません


また シルバータイプは非常に少ないです 

ぴょん吉・茶(メス)黒(オス)タイプの側にいる事はありますが大体1匹です

イナンビシにいたジョー 糸満・瀬底のシルバー この種類はよく移動をします

そのため毎回同じ場所にいることが少ないので観察が非常に難しいです

まずは探す事から始まるのですが 水深も平均で20m以上あるので窒素の問題もあります

天候の問題・人の問題などもりますが これからもこのタイプの観察はしたいです




201792112.JPG201792113.JPG201792114.JPG201792115.JPG201792116.JPG













 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K 



 








7月海洋調査 慶良間(座間味・阿嘉島)のジョーフィッシュです

動画に出ているジョーは沖縄本島では見た事がありません

この子たちは 子供で約2cm~3cmです

水深は10~32メーターで観察をしましたが

フィリピンでタイニーダートゴビーを見に行った時 水深47メーターだったので

カメラがロックしてしまいました

ハウジングが40メーターまで対応ですが 今回32メーターでもロックしてしまい

32メーターのカエルタイプのジョーフィッシュは動画で撮る事は出来ませんでした


今回の海洋調査は1本のみ洞窟を潜りましたが

後はジョーフィッシュ探し→観察でした






2017891.JPG2017892.JPG浅場にいた カエルタイプではない子供 (スリム)









2017893.JPG近くにいた白っぽい子  メスかもしれませんね














2017894.JPG2017895.JPG上の2枚は オリンパスで撮影した場合です


・キャノンは潜っている時に観た感じ(自然な色)です

・オリンパスは魚の色が綺麗に出ます でも海の色が青くなります


どちらの色が好きか人によって違いますが 私は両方とも使っていましたが

ワイドならキャノン マクロならオリンパスだと思います













2017896.JPG2017897.JPGこの子はめちゃくちゃ小さかった 色は白いですが同じ種類だと思います














2017899.JPG


2017898.JPG20178910.JPG20178911.JPGこちらはカエルタイプジョーの子供です

・1~2枚目 キャノンフラッシュあり

・3枚目 キャノンフラッシュなし

・4枚目 オリンパスフラッシュあり


カメラの種類や フラッシュあり・なしで変わります


一番良いのはフラッシュありですが 

ジョーフィッシュの場合は近寄ると引っ込んでしまいます

フラッシュは約50cmぐらいまでしか届きません そのためフラッシュがONの状態でも

届いていない場合は フラッシュなしと同じように写ります


近くで撮ればフラッシュが当たりますが引っ込んでしまうので 

遠くから写真を撮り少しづつ前に進みシャッターを切るが一番良い方法です 

シャッターが届かない所で引っ込んでしまったら 再度挑戦するかあきらめるかです

 





20178914.JPG20178913.JPG20178912.JPGこちらはカエルタイプのジョー アダルトです


・1枚目  10メーター

・2~3枚目 32メーター














20178915.JPG20178916.JPG20178917.JPGこちらは32メーター撮影


3枚とも柄・色が違いますが 私は同じ種類だと思います

本当は何種類なのか分かりません

まだまだ調べる事がたくさんあります

今後も慶良間のジョーを調査していきます
















 





上の動画は7月の海洋調査 座間味で撮影した動画です

光のカーテンはこちらから見ることができます ジョーフィッシュも出てくるよ!!




下の写真は座間味のニタ洞窟です       とても綺麗でした!!


2017860.JPG2017861.JPG2017862.JPG20178610.jpg20178611.jpg20178612.jpg20178613.jpg20178614.jpg






下の3枚は座間味に行く前日に沖縄本島 喜屋武岬エンジェルホールで潜った写真です


2017863.JPG2017864.JPG2017865.JPG夏は地形ダイビングも良いですね


9月の海洋調査では伊江島の地形ダイビングを予定しています

綺麗な映像・写真が撮れたらブログにアップします


 

 





 


ラパス 定休日が月曜と火曜日です

定休日が祭日の場合も休みになります 

よろしくお願いします






20173171.JPG
ハガキありがとう 

引っ越し前からドタバタで 

引っ越ししてからも問題がたくさんあり引っ越しは失敗だと思いました

一時はジョーの様に穴の中に潜りたいぐらい つらい思いをしましたが

ようやく問題がすべて解決しました 解決するのに7か月もかかりました

やっと 今までどうりのラパスになりました


今年もジョーフィッシュの調査を続けていきましょうね・・・・・


私はいろんな種類のジョーフィッシュの産卵をさせてきましたが

ジョーSPの産卵はさせたことがありません

店で販売している SPは2種類 別の種類である事が最近分かってきました

過去に 普通に口で加えて育てるタイプのSPはラパスのお客さんの所で行われています


今回紹介するのは 口で子供を育てるのではなく

巣穴で育てるジョーSPです


妊娠から→ 産卵→ ハッチアウトまで 時間を割り出して観察をしてきた

FUMIさんのブログ(下に添付)


http://ameblo.jp/yukichi-leon/entry-12235706500.html





20171271.jpg20171272.jpg
この観察の凄い所は 巣の中に卵が入っているのがいつか分からなければ

いつハッチアウトするのかわかりません

つまり 

まずはメスが妊娠しているか見極めれること

妊娠からいつ受精するか見極める事(自分の目で目撃する事)

何日でハッチアウトするかは 朝も昼も夜も確認しなければならない


結構大変な事です


そもそも一般的に 卵を口で加えていれば産卵したかが分かるのですが

巣の中で育てるとゆう考えは出てきません


こちらのジョーSP

以前私が巣の中で育てる事をブログで紹介した ブルースポットジョーと行動は似ています



20171276.jpg20171277.jpg
こちらから ブルースポットジョーが巣の中で卵を育てる様子が分かります

(動画あり)

http://jawfish.jp/lapaz/blog/jawfish/post_1218.html




水槽ではジョーSPとブルースポットジョーが巣の中で卵を育てる事が分かりました





20171273.jpg20171274.jpg

このことから私が 沖縄で観察しているジョーフィッシュも巣の中で卵を

育てている事が予想されます




こちらFUMIさんのブログから

ブルースポットジョーの産卵行動や 沖縄のジョーフィッシュの事も載っています


http://ameblo.jp/yukichi-leon/








 







とっても元気な ジョーSP アダルト  約8cm  19,800円+税   SOLD OUT



通販の方は ラパスHPオンラインショッピングからでも購入できます









2016122365.JPG2016122366.JPG2016122367.JPG


2016/12/23





 





2016991.JPG2016992.JPG

イエローヘッドジョー たくさん

リングアイジョー

ダスキージョー

マトルドジョー

バンデッドジョー



クイーンエンゼル  約17cm

ロックビューティ  約10cm

レモンピールエンゼル フィジー

フレームエンゼル

チェルブピグミーエンゼル 子供

ヒフキアイゴ

スターリードラゴネット オス メス

フィジーダムセル ペア

ホワイトラインコームトゥースブレニー

ドットダッシュブレニー

ヤエヤマギンポ

ツースポットブレニー

パウダーブルータン

ペパーミントシュリンプ

エメラルドグリーンクラブ


 





FUMIさんのブログから


ジョーSP産卵しました

本日2016年7月17日(日)夜中の0時です

ドンピシャの 大潮 満月 です


左 メスの産卵できますよ行動から 産卵まで約30分かかりました

動画では4分23秒にまとめています



メスはお腹がぷっくり たらこが入っているみたいです

動画終わりごろ 卵をオスの巣の中で産んでから

自分の巣に帰るときには お腹がスリムになっています





201671710.jpg

ラパスのお客様は知っていると思いますが

左はメス  右はオス

オスの婚姻色のメタリックブルーが動画ではきれいに撮れています


メスは巣の中で卵を出して オスは巣の中で受精します

巣の中で受精することにより 精子が水流によって流されないので

受精率は凄く良いと思います


また 巣の中がかなり広くないとうまく受精は出来ません

なので 巣の中は初めは直線になっていますが下は広くなっています


水槽の中で広い巣を作るには 枝状ライブロックや 貝殻 荒目のサンゴ砂が

必要になります



音楽もとっても素敵です 動画を見るときは音量を上げてね!!




動画を見ると時は音量を少し上げましょう

とても素敵な音楽です



こちらの動画はFUMIさんの家で飼育している

ジョーSPペアの動画です

左はメス  右はオスです

メスはオレンジぽい色です オスは体が青いです

最初は小さな子供でしたが 今は9cmぐらいです


2匹は家をよく交換します

私が思うに オスが巣を掃除(巣を直す)してくれていると思います

たまに このオスの様にとっても親切なオスがいます

バンデッドジョーもこのような事を行うことがあります





沖縄のジョー


20166299.JPGあなたは 女の子ですね





20166298.JPGあなたは 男の子ですね








2016712604.jpg

 


いまだに 謎が多い 

まだまだ調査が必要ですね 

水中にテントを張って双眼鏡で観察したい気分です





20166291.JPG最近のぴょん吉の辺り 上から見た様子

1の子からぴょん吉までの距離 約40cmぐらい

2の子からぴょん吉までは 約60cmぐらい


2の子は一段下にいます








 

 

20166292.JPG近くで見るとこんな感じ






 


 

 

 

20166293.JPG1の子  ぴょん吉より一回り小さいです










 

 

 

 

20166294.JPG20166295.JPGこちらが真ん中にいる ぴょん吉

上の写真はフラッシュなし 下の写真はフラッシュありです








 

 

 

20166296.JPG20166297.JPGこちらは2の子です

上の写真はフラッシュなし 下の写真はフラッシュありです



ジョーフィッシュの場合 オス同士が隣にいる事は考えにくいため

(すごく小さい水槽の場合で オス2匹の場合いやいやいることはある)


この場合考えられるのは 

①ぴょん吉がメス 両サイドの子はオスと考えられる

②または ぴょん吉がオス 両サイドの子がメスと考えられる

③それから 3匹ともメスも考えられる

④1メス ぴょん吉メス 2オス とも考えられる

⑤1オス ぴょん吉メス 2メス とも考えられる




私はの考えはこうである


・ ぴょん吉メス 2オス  1はあまり出てこないので今のところ分かりません




 






下の写真は

ぴょん吉たちの家から4~5m離れたところにいる 2匹です

黒っぽい子と 薄い茶色い子です


今回はこの2匹をじっくり観察しました




観察の結果

私はやはり黒ぽいがオス (前から言っている事)

薄い茶色がメス




 

 

20166298.JPG

 

20166299.JPG黒も薄茶もアップで見る限り

ブーメランはあるように思えますが

斜めからの写真ではなく 横から撮影をして

ブーメランの角度をよく見てみたいです


次回確認が必要ですね・・・




 


 

201662911.JPGこちらは チビ個体です

凄く小さいです







 

1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11
side_qr.gif

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30