ジョーフィッシュ,ハゼ,カエルウオ,サンゴ,ハードコーラルが充実 愛知名古屋の海水魚専門店ラパス

ダイビング





私が店の名前をラパスにしたのは 今回の動画を見ると分かると思います

とても素敵な海です!!





201710261.JPG201710262.JPGこちらはオスのブルースポットジョーです









201710263.JPG201710264.JPGこちらはメスです

20mのガレ場にたくさんブルースポットジョーはいます

水温は26~27度ぐらいです 

ブルースポットジョーは一番底にいますが浅い所にはアシカやキングエンゼルがいます











201710266.JPG


201710265.JPG
上はキングエンゼル(パッサー)の大人  下は子供です

水深は5m~10mぐらいです

大人のキングエンゼルはたくさんどこにでもいます 普通大型ヤッコは離れていますが

ここは近くにたくさんいます 繁殖期なんでしょうか・・・

子供はとても数が少なく岩の下などにいます









201710267.JPG201710268.JPGこちらはコルテツエンゼルです

沈船(ファンミン)にいます  ペアで仲良くいる個体もいます

水深は10m~20mぐらいにいました  数は少ないです

とても大きくてカッコいいです!!












201710269.JPGサンゴや岩の陰にはレッドヘッドゴビーもたくさんいます













2017102610.JPGヒメゴンベもサンゴの辺りにたくさんいます

なぜ喧嘩しないのか不思議です こちらも繁殖期なのかな・・・・











2017102611.JPG2017102613.JPGその他いろんな魚や生物がいます













2017102614.PNGナイトダイビングではたくさんのモブラを見る事が出来ます















2017102615.JPG2017102616.JPG2017102617.PNG2017102618.PNG2017102619.PNGでもやっぱりメインはアシカと遊ぶことです

今年はダイバーが少なかったのでアシカとたくさん遊ぶことができました

透明度も良かったです












2017102620.PNG今回私の一番の思い出は アシカと石で遊んだことです

こちらは動画にもアップしています  とっても楽しかった!!












2017102621.PNG2017102622.PNG
ガブガブ!!  ガブガブ!!  カミカミ!!  可愛いです!!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





今回メキシコ ラパス・カボプルモではギンポの観察に時間をかけました

上の動画はカボプルモで撮影した ブラウンチークブレニーです

私の店では過去に一度だけ入荷しています


今回私はジョー探しをしていたので写真はプミにほとんど撮ってもらいました

写真に日にちが入っているのはプミのカメラオリンパスです

日にちが入っていないのは私のカメラキャノンです







201710252.JPG201710253.JPGアシカ・ブルースポットジョー・ジャイアントジョー・キングエンゼルで有名な

ロスイスロテスです











201710254.JPG201710255.JPG201710256.JPG201710257.JPGギンポがいるのはこんな岩です 水深は浅く3m~5mぐらいです

上にはアシカがたくさんいます














201710258.JPG201710259.JPGこちらはパナミック バーナクルブレニーです

パナミック バーナクルブレニーは白っぽい頭と体をしたタイプと

こちらの様に緑ぽい個体がいます  


 

 





 

2017102510.JPG

2017102511.JPG2017102512.JPG2017102513.JPG2017102514.JPG2017102516.JPG2017102515.JPG2017102517.JPGこちらはメキシカン バーナクルブレニーです

ラパスとカボプルモで観ました

写真で分かるように岩の穴やフジツボに入っています

大きな岩に何匹かいますがたまに喧嘩しています

私の指とバーナクルブレニーの大きさを比較してみました 小さいです

この後 指でバーナクルブレニーを出しました

外に出すことで全身が見えます 

全身が見えないとメキシカンなのかパナミックなのか分かりません

それから外に出して別のバーナクルの側に追いやると怒って色が出ます

その時 行動や色でオス・メス性別が分かります

全ての個体がうまくいくわけではないので いろんな個体を探して観察します














2017102518.JPG2017102519.JPG2017102520.JPG2017102521.JPG2017102522.JPG2017102523.JPG2017102524.JPG2017102525.JPGこちらは動画でアップした ブラウンチークブレニーです

カボプルモでしっかり観察しました

こちらの個体はメスです

ブラウンチークブレニーのメスは腹には赤くて丸い柄があるのでキレイデス















2017102527.JPGこちらはレアなギンポ パイクブレニーです

今回 沈船(ファンミン)22mで初めて見ました

普通のギンポは岩やサンゴの殻に入って住んでいますが パイクは砂の中に潜ります

この写真はプミが撮影したものですが

私がファインスポッテッドジョーを探している時に全身出ている姿を見かけ

超興奮しました!! 凄い色でした!! もちろん背びれもビンビン!!

すぐにプミに知らせに行きましたが 穴に隠れて見れなかった

あの素晴らしい姿を見せてあげたかったのですが

自分で探してこちらの写真を撮っていました 全身は見ていないようでした

この個体と私が見たのと同じかは分かりません













2017102526.JPGこちらは ラパスでよく見かけたパナミック ファングブレニーです

色が黒くて線が見えないので まだ子供です

大人になると線が見え赤黄色ぽくなります












2017102528.JPG2017102529.JPGこちらは人気者シグナルブレニーです

上の写真 スワニーリーフの一番下にいます

大きな岩にいるわけではなく ヘビガイ・チューブなどの殻に住んでいることが多いです

背びれを広げるとカッコいいです

動画は前回ラパスに行ったときに撮影して ラパスHPダイビングの所で見る事ができます

また今回も喧嘩する動画を少し撮りました ラパスダイビング総集編動画にアップします




ギンポの観察はおもしろいですね!!!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





201710211.JPG201710212.JPG201710213.JPG201710214.JPG201710215.JPG201710216.JPG201710217.JPG201710218.JPG201710219.JPG2017102110.JPG2017102111.JPG2017102112.JPG2017102113.JPG2017102114.JPG2017102115.JPG2017102116.JPG2017102117.JPG2017102118.JPG2017102119.JPG2017102120.JPG2017102121.JPG2017102122.JPG2017102123.JPG

本日10月22日サンゴ入荷しました










 




台風の影響で伊江島で潜れないかもしれないと前日まで言っていましたが

ギリギリセーフ   

私たちが潜った後 海峡は悪くなってきました






201710410.JPG201710411.JPG伊江島にはこんな大きいカーフェリーで行きました












201710412.JPGこんな感じの島です

水納島や本部でよく潜るので いつか行ってみたいと思っていました

お客さんで伊江島出身の方がいます こないだ伊江島からジョーを見に来てくれました











201710413.JPG201710414.JPG201710415.JPG201710416.JPG伊江島と言ったら地形ダイビングが有名です

今回は1日だけだったので

・大洞窟(オホバNO2)

・オーロラ

・ゾウの鼻

で潜りました


洞窟は凄く楽しかった!!





201710417.JPG201710418.pngこちらの写真はゾウの鼻です

洞窟の外はダイナックな地形が凄いです

 







201710419.JPGサンゴもたくさんありました 

透明度は35m以上ありました












201710420.JPGお昼はソーメンをいただきました

沖縄でソーメンは初めて食べましたが同じ味でした

今度は泊りで行きたいですね!!




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




先日 沖縄市のシアタードーナツで映画ZANを観ました

ZANには私の知り合いが出ています 会った事がある方も何人か出ていました

この映画は辺野古のジュゴンの映画です








201792480.JPG入口はこんな感じ

始まるまで時間があったので エイサーまつりの町コザをぶらぶらしてお茶しました


 




201792481.JPG
辺野古・ジュゴンに興味のある方はまもなく全国各地で上映します











 




今回の海洋調査では ちょっと違ったタイプのジョーを見つけました

このジョー手乗りになるほどおとなしいジョーフィッシュでした

手乗りのジョーの動画は珍しいと思います



 

20179212.JPG20179213.JPG可愛いですね











20179214.JPG20179215.JPG20179216.JPG怒るとほっぺたがぷっくりします 

下唇が尖った感じになります















20179217.JPG20179218.JPG20179219.JPG横から見るとこんな感じ













201792110.JPG穴の外にいる様子です












201792111.JPG拡大してみると分かりますが ブーメランでした



考えられることは

ブーメランなのでオスである

巣が立派なのでオスの可能性が高い



今まではブーメランはオスで正解でしたが 最近入荷しブーメランジョーの様に

オスもメスもブーメランであるタイプもいることが分かった

(水槽内繁殖しているので間違いはありません)

このことから両方ともブーメランタイプのジョーである可能性がある



オス・メス両方ともがブーメランタイプの場合は今のところ まあまあ大きくなるタイプです

このことから 昔イナンビシで見た大きくなるジョーのヤングサイズとも考えられる

なぜそう思うかは 意外と逃げない・行動が似ている・巣が立派である



よく見ると糸満や瀬底島で見ているシルバーに似ている 

根拠は色・行動・立派な巣を作る・あまり逃げない

糸満・瀬底にいたシルバーはもう少し白っぽい または茶色っぽい

性別で色は違います また環境や状況によって色が変わります


性別を判断するには2匹がそばにいなくては分かりません


距離が約60cm以内の所に2匹いればオスメスの可能性は高いです

2
匹いた場合 巣の大きさやジョーの行動などで性別が分かります

両方ともオスの可能性はまずありません 喧嘩します

ただし子供(小さい)場合はなんとも言えません


また シルバータイプは非常に少ないです 

ぴょん吉・茶(メス)黒(オス)タイプの側にいる事はありますが大体1匹です

イナンビシにいたジョー 糸満・瀬底のシルバー この種類はよく移動をします

そのため毎回同じ場所にいることが少ないので観察が非常に難しいです

まずは探す事から始まるのですが 水深も平均で20m以上あるので窒素の問題もあります

天候の問題・人の問題などもりますが これからもこのタイプの観察はしたいです




201792112.JPG201792113.JPG201792114.JPG201792115.JPG201792116.JPG













 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K 



 


海洋調査は ジョーフィッシュだけではなく他の魚やサンゴも調査しています

私が大好きなモンツキカエルウオも見ています




201781755.JPG201781754.JPG201781753.JPG今回は 座間味のモンツキカエルウオです

沖縄本島にもいますが座間味のこのポイントはすごくたくさんいました


このポイントは私の中ではベスト3に入ります(モンツキポイント)

①サイパンのモンツキ村 こちらは壁にたくさんいます

②久米島 こちらは繁殖行動が見る事ができます

③そして座間味 










20178171.JPG20178172.JPG座間味では 卵を育てているオスの様子が見る事が出来ました

目玉もくっきり出ています まもなくハッチアウトですね













20178173.jpg上の2枚はキャノンで撮影しました 

こちらの写真はオリンパスで撮影 













20178174.jpgこちらの写真は オリンパスのカメラにリングLEDを装着して顕微鏡モードで撮影















201781750.JPG201781751.JPG201781752.jpgハウジングにはめるだけでOKです

上の写真は リングLEDではなくリングフラッシュです

・リングLEDの場合は 水中で光の調整ができます

・リングフラッシュの場合は カメラのフラッシュを円状に分散させます










 


 








7月海洋調査 慶良間(座間味・阿嘉島)のジョーフィッシュです

動画に出ているジョーは沖縄本島では見た事がありません

この子たちは 子供で約2cm~3cmです

水深は10~32メーターで観察をしましたが

フィリピンでタイニーダートゴビーを見に行った時 水深47メーターだったので

カメラがロックしてしまいました

ハウジングが40メーターまで対応ですが 今回32メーターでもロックしてしまい

32メーターのカエルタイプのジョーフィッシュは動画で撮る事は出来ませんでした


今回の海洋調査は1本のみ洞窟を潜りましたが

後はジョーフィッシュ探し→観察でした






2017891.JPG2017892.JPG浅場にいた カエルタイプではない子供 (スリム)









2017893.JPG近くにいた白っぽい子  メスかもしれませんね














2017894.JPG2017895.JPG上の2枚は オリンパスで撮影した場合です


・キャノンは潜っている時に観た感じ(自然な色)です

・オリンパスは魚の色が綺麗に出ます でも海の色が青くなります


どちらの色が好きか人によって違いますが 私は両方とも使っていましたが

ワイドならキャノン マクロならオリンパスだと思います













2017896.JPG2017897.JPGこの子はめちゃくちゃ小さかった 色は白いですが同じ種類だと思います














2017899.JPG


2017898.JPG20178910.JPG20178911.JPGこちらはカエルタイプジョーの子供です

・1~2枚目 キャノンフラッシュあり

・3枚目 キャノンフラッシュなし

・4枚目 オリンパスフラッシュあり


カメラの種類や フラッシュあり・なしで変わります


一番良いのはフラッシュありですが 

ジョーフィッシュの場合は近寄ると引っ込んでしまいます

フラッシュは約50cmぐらいまでしか届きません そのためフラッシュがONの状態でも

届いていない場合は フラッシュなしと同じように写ります


近くで撮ればフラッシュが当たりますが引っ込んでしまうので 

遠くから写真を撮り少しづつ前に進みシャッターを切るが一番良い方法です 

シャッターが届かない所で引っ込んでしまったら 再度挑戦するかあきらめるかです

 





20178914.JPG20178913.JPG20178912.JPGこちらはカエルタイプのジョー アダルトです


・1枚目  10メーター

・2~3枚目 32メーター














20178915.JPG20178916.JPG20178917.JPGこちらは32メーター撮影


3枚とも柄・色が違いますが 私は同じ種類だと思います

本当は何種類なのか分かりません

まだまだ調べる事がたくさんあります

今後も慶良間のジョーを調査していきます
















 





上の動画は7月の海洋調査 座間味で撮影した動画です

光のカーテンはこちらから見ることができます ジョーフィッシュも出てくるよ!!




下の写真は座間味のニタ洞窟です       とても綺麗でした!!


2017860.JPG2017861.JPG2017862.JPG20178610.jpg20178611.jpg20178612.jpg20178613.jpg20178614.jpg






下の3枚は座間味に行く前日に沖縄本島 喜屋武岬エンジェルホールで潜った写真です


2017863.JPG2017864.JPG2017865.JPG夏は地形ダイビングも良いですね


9月の海洋調査では伊江島の地形ダイビングを予定しています

綺麗な映像・写真が撮れたらブログにアップします


 

 





 


7月の海洋調査座間味島に行ったときの事です

皆さん映画マリリンに逢いたい知っていますか

40代から上の方は知っていると思いますが・・・・


犬のシロが阿嘉島から3km離れた座間味島まで 

マリリンに逢いに海を泳いでくる感動の物語です




20178210.JPG座間味島には マリリンの像があります










20178211.JPGマリリン像からは こんな感じに海が見えます

シロは3km先の阿嘉島から泳いでマリリンに逢いに来ていました












20178212.JPG座間味島のダイビングは他と違い 午前中に2本潜ったら3本目までかなり時間が空きます

その時間を利用して マリリンの像までラッシュのまま歩いて行きました








20178213.jpg20178214.jpgマリリンと巨人 私と巨人











20178215.JPGプミの仕事の取引先の方が座間味出身らしく 

島に行ったら居酒屋うりずんに行ってみてと言っていたらしいので 2人で行ってみた











20178216.JPG中に入ったら 出来上がっていたおっちゃんがいました

取引先の方に聞いて来ましたしと伝えたら おっちゃんもおばちゃんもその方の親戚でした

驚いたのが このおちゃんはなんとマリリンに逢いたいの原作者 宮里芳和さんでした

宮里さんは出来上がっていたので 私は延々とマリリンの話を聞かせていただきました

島の話もしてくれて楽しかった!!









20178217.JPG宮里芳和さんは違った意味で座間味で有名である事が 那覇に戻る前の日に分かった











20178229.JPG常連のお客さんが三線を引いてくれました










20178218.JPG20178219.JPG20178220.JPG20178221.JPG20178222.JPG店には 当時の様子の写真や記事がたくさん展示してあった









20178223.JPG


20178224.JPG20178225.JPG20178227.JPG20178226.JPG20178228.JPG美味しい沖縄料理を作ってくれました











20178230.JPG昔見た事はありますが 帰ってきてからレンタルでマリリンに逢いたいを借りてきました

凄く泣ける映画です!!

映画には安田成美さんが出てきます

あの時代はダイビングブームで 

女子は白いハイレグ水着 ダイビング機材は 白 ピンク 黄色などカラフルだった




あの時代のギャルに逢いたい!!














 

1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11
side_qr.gif

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31